前へ
次へ

医療の将来と日本人の寿命に関して

人間の寿命というのは、誰にも知ることが出来ません。死にたいと願ってはいても、意に反して長生きをしてしまうことがあります。ただ、病気の治療には多額の費用が必要になります。その鍵になるのが、医療保険ではないでしょうか。近年、医療保険は様々な商品が出ています。例えばがんですが、医療の発展と共にがんの治療は外来で行われるケースも増えています。かつてのように入院給付金が手厚い医療保険だと、経済面の不安も強いのではないでしょうか。また、先進医療特約を付けることも忘れないで下さい。放射線の分野は革新的な進歩を遂げていますし、進行しているがんであっても治るチャンスは多いと言われています。自らの給与から掛けられる金額で、医療保険を掛けておくべきです。がんや脳卒中になっても諦める必要はありませんし、むしろ前向きに生きるきっかけになるはずです。社会復帰を目指して頑張ることで、皆の目標になれるのではないでしょうか。

Page Top