前へ
次へ

お酒を飲んでいないのにアルコール反応が出る

お酒を飲んだら車に乗るなと、乗るなら飲むなと言われます。年末年始はお酒を飲む機会が多くなるので、普段よく車を利用する人は十分気を付けないといけません。お酒を飲んでも酔わない、お酒に強いと考えている人がいますが、どうしても判断力などが低下しやすくなりトラブルの原因になります。しかしある病気になるとお酒を飲んでいないのにアルコール反応が出るときがあるようです。お酒は穀物などを発酵させて作りますが、体の中で勝手にその発酵が行われてお酒が造られることがあるようです。するとお酒は飲んでいないのに造られたお酒の影響を受けるようになります。酔った状態になります。もし自分の体の中で勝手にお酒が造られる病気になったら、その病気が治らない限りには自動車などの運転はできなくなります。日常生活にも大きく影響するかもしれません。ダイエットなどで極端な食事制限をしたりすると起きることもあるようなので、ダイエットをするときは注意した方がいいでしょう。

Page Top